私はヒートショックを許さない


私はヒートショックを許さない

一昨年の冬のことだった

私はヒートショックによってかけがえのない人を奪われた

今もヒートショックへの憎しみは癒えない。

一昨年の冬に私の母はヒートショックが原因で倒れた。

母は元々長風呂が好きな人だったが、あの日は特に長く感じた。

母さーん、まだ入ってるの?と聞いても返事は来ず

1時間ほどしてから浴室に見に行ったのだった。

そこでは、シャワーの前で倒れている母がいた。

私はある一定時間動けなかった。それが10秒か1分かは忘れたが、瞬時に今目の前にある現状に対応できなかったのだった。

それでも、電話して救急車を呼んだ。

救急車を呼んでから10分もたたないうちに軒先に赤いランプが見えた。

そして救急車に乗り母と私は最寄りの病院へ着いたのだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


気になることがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。(076)-491-5388営業時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら